Stag’s Leap Wine Cellars(スタッグス・リープ・ワイン・セラーズ)

Stag’s Leap Wine Cellarsスタッグス・リープ・ワイン・セラーズ

1973年に開催されたフランス vs カリフォルニアワインブラインドテイスティング対決(パリテイスティング、パリスの審判)で五大シャトーを差し置いて堂々の1位に輝いたスタッグス・リープ・ワインセラーズは、1986年の再戦で6位、2006年の再々戦でも2位に輝くほどの実力。

このナパ・ヴァレーはスタッグス・リープ・ディストリクトAVAに本拠地を置くスタッグス・リープ・ワインセラーズの魅力を存分にご紹介します。希少なヴィンテージのテイスティング・レポートもお届けします!

スタッグス・リープ・ワイン・セラーズ(Stag’s Leap Wine Cellars)について

Stag's Leap District
政治理論を研究し、博士号取得に取り組む傍ら、シカゴ大学で自由教育の講義をしていた創業者ウォーレン・ウィニアルスキー(1928年生まれ)はロバート・モンダヴィ・ワイナリー初期のワイン造りを担った人物。

当時ワイン造りに適した土地を探していた頃、既にこのNapa ValleyはStag’s Leap Districtでワイン造りをしていたネイサン・フェイと出会い、彼のワインに大変感銘を受けた事から、1970年にネイサン・フェイのブドウ畑の隣のプルーン農園だった44エーカーの土地を購入し、創業。Stag’s Leap Vineyardsと名付けました。

後にこの畑から造られたS.L.Vという名前のワインが、パリテイスティング赤ワイン部門でシャトー・ムートン、シャトー・オーブリオンを押さえ1位となり歴史を変える事になります。

スタッグス・リープ・ディストリクトAVAこの地区(スタッグス・リープ・ディストリクトAVA)は、カリフォルニアの強い日差しを浴び非常に温暖な気候ですが、午後から吹き始める海風と霧が岩肌を冷やし、寒暖差の激しいブドウ栽培には最適な土地になり、エレガントなワイン造りが可能となります。

当初はカベルネソーヴィニヨンと少しのメルローの栽培からスタートしました。

Stag's Leap Wine Cellars Logo地名でもありスタッグス・リープ・ワイナリーのシンボルマークにもなっているこの鹿は、ハンターが追い込んだ牡鹿が岩山を飛び越えて逃れたという伝説に由来すると言われています。

ちなみに、スタッグ(牡鹿)、リープ(飛ぶ)という意味だそうです。

歴史を変えた伝説のワイナリーStag’s Leap Wine Cellarsのワインとは

スタッグス・リープが目指すワインのスタイルは「ベルベットの手袋をはめた鉄の拳」と表現されています。芸術レベルとも言える様々なバランスに重きを置いており、長期熟成型ワインを目指す事にもつながっています。

また、ナパの元祖カルトワイン「Grace Family Vineyards」のオーナー「ディック・グレース」氏の長男であり、害虫防除の第1人者と囁かれるカーク・グレース氏が栽培責任者として自社畑を管理しています。

自社畑シングルヴィンヤード・シリーズはS.L.VとFAYがあり、火山灰・瓦礫土壌のS.L.Vは「火のワイン」、沖積土壌のFAYは「水のワイン」と例えられ、味わいにもそれぞれの特徴がよく出ています。

1972年に当該ワイナリー最初のワインであるS.L.Vを生産。1974年にはフラッグシップであるCASK23(カスク23)を生産しました。

このCASK23は当初、熟成中のS.L.Vをテイスティングしたところ、CASK23と記された大樽(1,000-gallon)のワインが他のナンバーの樽に比べて特に優れていたため、このように名付けられました。

その後1986年にネイサン・フェイからS.L.Vの隣の畑フェイ・ヴィンヤードを購入してからは、S.L.VとFAYの畑から収穫されたブドウで造られるようになりましたが、ワイン造りにおいては特に優れたブドウが収穫された年のみ造られる貴重なワインとなっています。

スタッグス・リープの勢いは止まらない

1989年
ナパ・ヴァレーのスタッグス・リープ・ディストリクトが米国政府認定ブドウ栽培地域(AVA)に認定されました。これにより、政府公認のワイン指定栽培地域となります。
1990年
フェイ・ヴィンヤード・カベルネ・ソーヴィニヨン
1986年に購入した自社畑シングル・ヴィンヤード「フェイ・ヴィンヤード」から造られるフェイ・ヴィンヤード・カベルネ・ソーヴィニヨンを瓶詰め。
1996年
Stag's Leap Wine Cellars S.L.V.1973 Cabernet Sauvignonワインの歴史を変えた1976年のパリテイスティングの立役者でもあるStag’s Leap Wine Cellars S.L.V.1973 Cabernet Sauvignonが国立アメリカ歴史博物館(National Museum of American History)の常設展示品に選出されました。

参照元: National Museum of American History

2001年
Stag's Leap Wine Cellars ARTEMIS Cabernet Sauvignonナパ各地の良質なブドウをブレンドして作られるStag’s Leap Wine Cellars ARTEMIS Cabernet Sauvignonをリリース。

「アルテミス」はギリシャ神話における狩猟の女神の名前に由来します。

ワイナリー名にまつわるこんな逸話があった!

Stag’s Leap Wine Cellarsと同じ年に隣に設立されたStags’ Leap Wineryというワイナリーが存在します。この所有者のカール・ドゥマーニ氏とウィニアスキーはStags Leapの名前を使用する権利問題で裁判へと発展します。1986年、州最高裁判所は Stags Leapは地区の名称である事から両社に使用の権利を認めました。

ただし、混乱を避けるためウィニアスキーは「Stags」の「s」の前にアポストロフィを保持し、ドゥマーニは「s」の後にアポストロフィを記述するよう指示しました。


その後1997年にCarl DoumaniのStags’ Leap WineryはBeringerへ売却されました。

近年のスタッグス・リープについて

ウォーレン・ウィニアルスキー氏

参照元:SFGate

2007年、スタッグス・リープ・ワイン・セラーズの創設者ウォーレン・ウィニアルスキー氏(Warren Winiarski)は後継者不在の問題から、ワシントン州最大手のワイン生産者であるシャトー・サン・ミシェル(Ste Michelle)と、イタリア・トスカーナの名門アンティノリ(Antinori)の合弁会社に売却しました。

その額は1億8500万ドルにも及びます。売却条件にはワイナリーとFAY、SLVの畑が含まれますが、1996年に購入したArcadia(128エーカー)の畑の所有権は保持しました。

ウォーレン・ウィニアルスキー氏は、売却後3年間はアドバイザーとしてワイナリーに残留します。

そして2013年、世界のワイン史を変えたStag’s Leap Wine Cellars S.L.V. Cabernet Sauvignon 1973が、米国スミソニアン博物館(Smithsonian Museum)にて「101のアメリカの礎(Objects that Made America)」の1つに認定されたのです。

参考:Stag’s Leap Wine Cellars Documentation Project · SOVA

テイスティング・レポート

Stag’s Leap Wine Cellars Cabernet Sauvignon 1992 S.L.V vs CASK 23 ~17年の熟成を平行飲み比べ
2019年10月21日

色調は17年の熟成という事もあって縁がオレンジ掛かっておりますが、同じヴィンテージでもCASK23の方が、オレンジの色味が強い印象を受けました。

スタッグス・リープ・ワイン・セラーズ カベルネ・ソーヴィニヨン1992(Stag's Leap Wine Cellars Cabernet Sauvignon) S.L.VとCASK 23の飲み比べ次に香りですが、CASK23は湿った土(腐葉土)、S.L.Vの方はタバコのニュアンスが感じて取れました。

最後に味わいですが、CASK23はS.L.VとFAYのブレンドという事もありFAYの柔らかさが感じられ、バランスの取れた飲みやすいタイプ。

この程度のヴィンテージですとまだ果実味が十分感じられます。
一方、S.L.Vの方はタバコの香りから始まり、果実味もあるがタンニンも意外としっかり感じられ、骨格がしっかりしたタイプという印象。

ここからは当サイト編集部独自の見解になりますが、CASK23は一般受けしやすいバランスの取れたタイプ、S.L.Vは骨格がしっかりして複雑性のある玄人受けするタイプという見解となりました。S.L.Vの方がより熟成による変化が楽しめるという印象を受けました。

追記となりますが、いずれのボトルも1992年ヴィンテージで既にコルクが半粘土化しており、抜栓時には注意が必要です。

スタッグス リープ ワイン セラーズ
SLV カベルネ ソーヴィニヨンの購入はこちら
スタッグスリープ ワイン セラーズ
CASK23 カベルネ ソーヴィニヨンの購入はこちら

カリフォルニアワインについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です