Abreu Vineyards

Abreu Vineyards(エイブリュー・ヴィンヤーズ)

ナパバレーの名だたるワイナリーでブドウ栽培のコンサルティングを手掛けるDavid Abreauデヴィッド・エイブリューによって1980年に設立されたAbreu Vineyardsエイブリュー・ヴィンヤーズはカベルネ・ソーヴィニョンをベースとしたボルドーブレンドに特化する世界レベルのワイナリーです。

エイブリュー・ヴィンヤーズについて

David Abreu

David Abreu
参照元:cacorks.com

ラザフォードの農家出身のDavid Abreuデヴィッド・エイブリューは青春時代の大半をブドウ畑で過ごした事で、畑の特徴を見極める感覚が人並み以上に研ぎ澄まされていきました。

その後、デヴィッド・エイブリューはカリフォルニア大学デービス校でブドウ栽培とワイン醸造の学位を取得。また、デヴィッド・エイブリューは頻繁にボルドー地方を訪れ、徹底的にフランスのワイン醸造を視察し、フランス産の台木や格子垣のデザイン、植栽や農法をナパバレーへ持ち帰りました。

1980年になるとDavid Abreu Vineyard Management,Inc.を設立。同年にセントヘレナにあるマドローナランチの開発に着手しました。これがエイブリュー・ヴィンヤーズの始まりです。エイブリュー・ヴィンヤーズ最初のヴィンテージは1987年のAbreu Vineyard Madrona Ranch Cabernet Sauvignonでした。

デヴィッド・エイブリューの経歴はScreaming Eagle、Staglin Family Vineyard、Colgin Cellars、Harlan Estate、Bryant Family Vineyard、Araujo Estate、Grace Family Vineyards等ナパバレーの名だたるブランドにまで及びます。更に世界的に影響力のある評論家ロバートパーカー氏がエイブリュー・ヴィンヤーズを熱烈に賞賛した事や、数多くのナパバレーのワインメーカーやテイスターからの口コミにより、瞬く間にワイン愛好家の間で人気を博しました。こうしてデヴィッド・エイブリューはナパバレーのプレミアム・グレープを扱う最高のブドウ栽培者と見なされるようになったのです。

新たな展開を迎えるエイブリュー・ヴィンヤーズ

Brad Grimes

Brad Grimes
参照元:maitredechai.ca

2000年になるとエイブリュー・ヴィンヤーズのワインメーカーとしてBrad Grimesブラッド・グライムスがデビューします。

ブラッド・グライムスはシアトルでシェフとして働きながら週末になると妻が働くナパによく訪れており、自身がワイン業界に参入できるか否かを見極めていました。こうしてワインビジネスに異例の形で参入を果たします。

2006年にはエイブリュー・ヴィンヤーズ公式のワイナリー施設がYountville Crossroadのすぐそばにオープンし、丘の中腹にはカーブが掘られました。こうしてエイブリュー・ヴィンヤーズは本格的に始動したのです。

所有・管理する畑一覧

Madrona Ranch
セントヘレナのマヤカマス山脈東端近くに位置し、1980年代初頭に創設者であるDavid Abreuによって開発された23エーカーの畑です。敷地内を蛇行する峡谷やカーブ、独特の粘土や岩などを含む土壌から並外れた複雑性のあるワインが生み出されます。また、この敷地は牛、ヤギ、豚、鶏、ミツバチ等が暮らす牧場でもあります。
Cappella Rico-Matteo Abreu Vineyard
セントヘレナの街の西側に位置するCappellaは1869年に初めてブドウの木が植えられた歴史ある土地で、Charles KrugやAndre Tchelistcheffが埋葬されているセントヘレナ公共墓地と隣接した6エーカーの土地です。デヴィッド・エイブリューの息子でレーシングドライバーのRicoに因んで名付けられました。
Thorevilos Vineyard
谷底から800フィートの高さに位置し、ハウエルマウンテンAVAに属する22エーカーのこの敷地は、デヴィッド・エイブリューが子供の頃によく行った場所の一つでした。土壌は殆どが火山岩で、小石や赤い粘土が混在しています。1990年にデヴィッド・エイブリューが開発しました。
Lucia Abreu Vineyard(別名Las Posadas)
2000年にデヴィッド・エイブリューが購入した33エーカーのこの敷地は、ハウエルマウンテンAVAの中でも最も標高の高い場所に位置します。白土、火山岩、石灰岩、赤土の土壌と霧の上という立地からタンニンが磨かれた高品質な果実を実らせます。畑の名前は娘の名前に因んで名付けられました。

リリースワイン一覧

エイブリュー・ヴィンヤーズでは通常、各ヴィンテージごとに約100樽(約2,400ケースに相当)が造られますが、そこから更に厳格なセレクションが行われ、最高のワインだけが選ばれます。最終的にリリースされるワインは約1,000ケースとなります。現在、エイブリュー・ヴィンヤーズではカベルネ・ソーヴィニョン主体のボルドーブレンドが5種類リリースされています。

フラッグシップでもあり創業時から続くMadrona Ranch Cabernet Sauvignon Napa Valley、1990年に開発された畑Thorevilosからのブドウで造られるThorevilos Cabernet Sauvignon、1869年から続く歴史ある畑で息子の名前が付けられているCappella Rico-Matteoからのブドウで造られるCappella Proprietary Red、2000年に取得し娘の名前が付けられたLucia Abreu Vineyardからのブドウで造られるLas Posadas Howell Mountainがメインとなります。また、これら4つの畑(Madrona Ranch、Thorevilos、Cappella、Howell Mountain)のブレンドで造られるRothwell Hyde Redもリリースしています。

Abreu Vineyards Wines

Abreu Vineyards Wines
参照元:vinous.com

エイブリュー・ヴィンヤーズが獲得した数々の功績

1998年にワイン評論家のロバートパーカーは「過去20年間で最も影響力のあるワインパーソナリティ」のリストにデヴィッド・エイブリューの名を挙げました。更にAbreu Vineyard Madrona Ranch Cabernet Sauvignon Napa Valley 1997にエイブリュー・ヴィンヤーズ初の100点の評価を付けました。エイブリュー・ヴィンヤーズではその後も高評価を獲得し続け、Madrona Ranch、Thorevilos、Las Posadasで16度の100点満点を獲得しました。

エイブリュー・ヴィンヤーズでは現在も創設者のデヴィッド・エイブリューとワインメーカーのブラッド・グライムスがタッグを組み、世界クラスの高品質なワイン造りを支えています。

David Abreu and Brad Grimes

David Abreu and Brad Grimes
参照元:vinous.com

ワインテイスティングレポート

Abreu Cabernet Sauvignon Madrona Ranch 2004 vs Thorevilos 2000
2021年5月28日

Abreu Cabernet Sauvignon Madrona Ranch 2004 vs Thorevilos 2000

Madrona Ranch 2004

ブラックチェリーのような黒系果実の香りと杉や針葉樹のようなカベルネ・ソーヴィニョン特有の植物的なニュアンスがハッキリと感じ取れる。スモーキーでブラックカラント、甘草、土、林床のようなニュアンスも取れる。若干だがビターチョコの印象もある。

味わいは甘みはまろやかで酸味はなめらか。タンニンは力強く収斂性がある。植物的なニュアンスと力強いタンニンから玄人向けの1本に仕上がっている印象を受けました。素晴らしい!

Thorevilos 2000(First Vintage)

ブラックベリーのような黒系果実の香りとスミレのような花の香りが印象的。ややスモーキーで杉やコーヒーのニュアンスも取れる。味わいは甘みはまろやかで酸味はなめらか。タンニンは力強く収斂性がある。マドローナと比べると甘みとタンニンが強く、スミレの香りから華やかな印象を受ける。

カリフォルニアワインについて

ABOUTこの記事の監修者

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート
2011年よりカリフォルニアワインのバックヴィンテージを追求。 ナパバレー、ソノマに足を運び数多くの名門ワイナリーを訪問。 主に海外のワインオークションで希少なバックヴィンテージを調達。

監修者情報の詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です