Mount Eden Vineyards(マウント・エデン・ヴィンヤーズ)

マウント・エデン・ヴィンヤーズ(Mount Eden Vineyards)

Santa Cruz Mountains AVAの標高2,000フィートの山頂からワールドクラスのシャルドネ、ピノノワール、カベルネ・ソーヴィニヨンを造りだす事を目標に設立されたMount Eden Vineyardsマウント・エデン・ヴィンヤーズの歴史と功績をご紹介します。

マウント・エデン・ヴィンヤーズについて

Paul Masson

Paul Masson
参照元:findagrave.com

フランス・ブルゴーニュ地方で育ったPaul Massonは1878年に19歳の若さでカリフォルニアへ渡りSanta Clara Valleyで暮らしました。

1900年代初頭になるとカリフォルニア州サンタクララ群サラトガに、573エーカーの土地を購入しLa Crestaと名付けました。60エーカーの畑にシャルドネとピノノワールを植えるとPaul Massonは主にスパークリングワイン造りに力を注ぎました。こうしてThe Paul Masson Champagne Companyが誕生します。

Martin Ray

Martin Ray
参照元:mounteden.com

The Paul Masson Champagne Companyの近所で育ったMartin RayがPaul Massonと仲良くなるのは自然な流れでした。やがて自身に子供が居なかったPaul MassonはMartin Rayに大きな愛情を注ぐようになり、ワイン造りの技術を教えました。

この時Martin Rayが学んだ技術が後の醸造家としての人生に大きな影響を及ぼします。

1905年の初収穫から16年後、アメリカでは禁酒法(1920年~1933年)の時代に入るとPaul Massonはワイン事業の売却を決断します。そして禁酒法の時代が終わると1936年にMartin RayがThe Paul Masson Champagne Companyを購入します。

こうしてPaul MassonからMartin Rayへ経営が引き継がれます。

The Seagram Company

The Seagram Company
参照元:linkedin.com

6年間の経営の後、Martin Rayはカナダの酒造メーカーThe Seagram CompanyへThe Paul Masson Champagne Companyを売却します。

そして、以前からPaul Massonに勧められていた北隣の山頂(Mount Edenマウント・エデン)に土地を購入しPaul MassonのLa Crestaの畑からシャルドネとピノノワールを持ち込んで植えると、Martin Ray Estateと名付けました。

また、標高の低いエリアにはカベルネ・ソーヴィニヨンを植え、徐々に畑の面積を拡大していきました。

主な畑はSanta Clara Valleyの標高2,000フィートの高さに位置する場所にあり、2マイルの荒れた未舗装の道を登っていく為、仕事は大変なものでした。それでもMartin Rayはカリフォルニアからワールドクラスのワインを造る事が出来ると信じており過酷な労働に耐え続けました。

経営難に陥ったマウント・エデン・ヴィンヤーズの再編

1960年代になるとMartin Rayはより多くのブドウ畑を開発する資金調達を目的にパートナーシップを設立しますが上手くいかず、経営が傾いてしまいます。1972年になるとMartin Rayはパートナー達との紛争を理由にワイナリーを離れます。

そしてMartin Ray EstateからMount Eden Vineyardsマウント・エデン・ヴィンヤーズに改名され、Martin Rayのパートナー達はシャルドネ、ピノノワール、カベルネ・ソーヴィニヨン造りに改めて向き合いました。1974年にはピノノワールの女王メリー・エドワーズをコンサルタントとして迎え入れます。それでも3つの品種を合わせたエステートの生産量が1,000ケース未満であった為、エステート以外のシャルドネプログラムを開始します。

Jeffrey Patterson

Jeffrey Patterson
参照元:metroactive.com

1981年にはアシスタントワインメーカーにJeffrey Pattersonを迎え入れます。Jeffrey Pattersonは1979年にカリフォルニア大学デービス校のブドウ栽培・醸造学プログラムに入学し、2年間勉強しました。

1986年までに会社は財務再編を行い、Patterson家が少数株主として出資できるようになりました。1990年代に入るとJeffrey Pattersonは、この恵まれたテロワールを反映する素晴らしいワイン造りを熟知し、経営が安定し始めました。

更に4,300平方フィートのカーブを建設し、水道システムを整え、古いガレージをオフィススペースに改造し、シャルドネとピノノワールの大半を植え替えるという大改革を実行しました。

現在、マウント・エデン・ヴィンヤーズでは7エーカーのピノノワール、20エーカーのシャルドネ、13エーカーのボルドー品種(カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、カベルネ・フラン)を保有しています。

Mount Eden Vineyards Winery,Mount Eden Vineyards terrace,Mount Eden Vineyards Cave

左:Mount Eden Vineyards Winery 中: Mount Eden Vineyards terrace 右:Mount Eden Vineyards Cave
参照元:undergroundwineletter.com , mounteden.com , mounteden.com

フランス白ワインの最高峰Montrachetと双璧をなすマウント・エデン・ヴィンヤーズ

1997年1月17日、ベルギーのワイン商人がパリのCrillon Hotelでフランス白ワインの最高峰Montrachet(モンラッシェ)の生産者別ブラインドテイスティングを行いました。

このブラインドテイスティングには替え玉としてカリフォルニアワインがいくつか混在されました。そしてワインに順位が付けられると驚くべき結果となったのです。

Montrachet(モンラッシェ)の生産者別ブラインドテイスティング
1位.(米)Peter Michael Point Rouge
2位.(仏)Domaine Valette Pouilly-Fuissé Le Clos de Monsieur Noly Vieilles Vignes
3位.(仏)Coche-Dury Corton-Charlemagne
4位.(米)Mount Eden Chardonnay
5位.(仏)Domaine de la Romanee-Conti Montrachet
6位.(仏)Domaine des Comtes Lafon Montrachet
7位.(仏)Domaine Ramonet Montrachet

何と1位と4位がカリフォルニアのシャルドネでメインであるフランス白ワインの最高峰Montrachetモンラッシェは5、6、7位という評価でした。

勢いが止まらないJeffrey Pattersonの大躍進

1999年にはSaratogaの地元のブドウ園で栽培されたカベルネ・ソーヴィニヨンから造られるSaratoga Cuveeを造り始めます。

2004年になるとJeffrey Pattersonはエステートの畑から2種類のシャルドネを造るようになりました。1つは特に果実味が豊かなシャルドネSaratoga Cuvee Chardonnayです。もう1つはリッチなニュアンスが強いEstate Bottled Chardonnayです。

この新しいスタイルの誕生でマウント・エデン・ヴィンヤーズのエステート・シャルドネは瞬く間にカリフォルニアのトップシャルドネの1つとして認められるようになりました。ワイン・スペクテーター誌はマウント・エデン・ヴィンヤーズ・エステート・シャルドネを7度に渡りTop 100 Wines of the Yearに選出しています。

Domaine Eden

Domaine Eden
参照元:wainscottmain.com

2007年には隣接する山頂にある旧Cinnabar Wine Estateを購入しました。1983年にTom Muddによって植えられたこの12エーカーの土地には既にピノノワールとシャルドネが植えられており、その中にはカベルネ・ソーヴィニヨンの小区画も含まれていました。

このプロパティはDomaine Edenと名付けられ、マウント・エデン・ヴィンヤーズとは別のブランドで展開されました。2008年には徐々に株式を取得してきたPatterson家が過半数を取得し経営権を握るようになりました。

近年のマウント・エデン・ヴィンヤーズとPatterson家

1943年にMartin Rayが始めたブドウ畑は約80年の時を経てPatterson家の手に渡りました。この事でマウント・エデン・ヴィンヤーズは今後もファミリービジネスとして存続する事でしょう。

Jeffreyと妻Ellie Pattersonはカリフォルニア発の世界クラスのワインを造りながら現在もSanta Clara Valleyの2,000フィートの高さの敷地内で、2人の子供と一緒に暮らしています。

Patterson family

Jeffrey and Ellie Patterson with their son, Reid
参照元:vinous.com

テイスティング・レポート

Mount Eden Estate Bottled Chardonnay 2015 vs RESERVE Chardonnay 2015
2020年8月5日

Mount Eden Estate Bottled Chardonnay 2015 vs RESERVE Chardonnay 2015

Estate Bottled Chardonnay

1972年に創業者Martin Rayからパートナーが引き継ぎ、新たなスタイルでリリースされたシャルドネが今日まで続いています。
香りは柑橘類や洋ナシのニュアンスがあり、バターやトーストのニュアンスも若干取れる。味わいは甘みはソフトで酸味は爽やか。苦味は比較的穏やかな印象。

RESERVE Chardonnay

Estate Bottled Chardonnayの中から厳選して選ばれた11樽を更に12ヶ月間ステンレスタンクで熟成させたシャルドネです。
香りはレモンやライムの柑橘類のニュアンスが強くEstate Bottledに比べてバターやトーストのニュアンスは少ない。味わいは甘みはソフトで酸味は爽やか。苦味は比較的穏やかな印象。

Estate Bottledに比べて圧倒的にミネラル感がありエレガントな印象でした。素晴らしい!

Mount Eden Vineyards Saratoga Cuvee Chardonnay 2008
2020年8月5日

Mount Eden Vineyards Saratoga Cuvee Chardonnay 2008

Saratoga Cuvee Chardonnay

Jeffrey Pattersonによって2004年から造り始められた特に果実味の豊かなエステートのシャルドネです。Saratoga Cuvee Chardonnayの名称では2008年までの生産となりました。

今回、当編集部ではこのSaratoga Cuvee Chardonnayの最終ヴィンテージである超希少な2008年を入手しましたのでテイスティング・レポートをお届けします。

香りは白桃やヘーゼルナッツのニュアンスが強くバターやトーストのニュアンスも取れる。味わいはまろやかで酸味はやさしい。苦味は比較的シッカリとしている印象。

Mount Eden Vineyards Estate Pinot Noir Santa Cruz Mountains 2014
2020年8月5日

Mount Eden Vineyards Estate Pinot Noir Santa Cruz Mountains 2014

Estate Pinot Noir

香りはイチゴやラズベリーのような赤系果実のニュアンスが強く、凝縮感がある。味わいは甘みはソフトで酸味は爽やか。タンニンはキメ細かい。全体的にエレガント仕上がりとなっている。

マウント・エデン・ヴィンヤーズの購入はこちら

カリフォルニアワインについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です