Kistler Vineyards(キスラー・ヴィンヤーズ)

キスラー・ヴィンヤーズ(Kistler Vineyards)

キスラー・ヴィンヤーズでは各ブドウ畑で同じクローン、栽培技術、醸造方法でワインを造る為、その土地のテロワールが畑ごとによく表れているのが特徴です。かのロバート・パーカーは言いました。

『キスラーがブルゴーニュのコート・ドールの真ん中に魔法のように運ばれれば、すぐにブルゴーニュのグラン・クリュの生産者と同じくらい輝かしい評判を得るでしょう』と。キスラー・ヴィンヤーズは、伝統的なブルゴーニュの技術を使って、カリフォルニアで世界クラスのシャルドネとピノノワールの醸造に専念する最上級のワイナリーです。

キスラー・ヴィンヤーズについて

1978年、キスラー・ヴィンヤーズは、ソノマ・バレーの約2000フィート上にあるマヤカマス山脈の尾根にスティーブ・キスラーSteve Kistlerとマーク・ビクスラーMark Bixlerによって設立されました。

当初はウォーレン・ダットンからの買いブドウでワインを造っていました。実は創業時にスティーブの弟であるジョン・キスラーも参画していましたが最終的にキスラー・ヴィンヤーズを去ります。

スティーブ・キスラーとマーク・ビクスラー

スティーブ・キスラーとマーク・ビクスラー
参照元:occidentalwines.com

スティーブ・キスラーとジョン・キスラー兄弟

スティーブ・キスラーとジョン・キスラー

祖父がブルゴーニュワインの熱心なコレクターであったというスティーブ・キスラーはスタンフォード大学でクリエイティブ・ライティングの学士号を取得し、カリフォルニア大学デービス校とフレズノ州立大学で2年間勉強し、リッジ・ヴィンヤードRidge Vineyardsで2年間アシスタントを務めた後、1978年にキスラー・ヴィンヤーズを設立しました。

キスラー・ヴィンヤーズではオーナー兼ワインメーカーを担当。マーク・ビクスラーはマサチューセッツ工科大学とカリフォルニア大学バークレー校で化学を学びました。その後、フレズノ州立大学で7年間化学を教え、2年間フェッツァー・ヴィンヤードFetzer Vineyardsで働きました。

キスラー・ヴィンヤーズでは主にビジネスマネージャーを務め、販売とマーケティングを担当しました。同時に研究室も運営。

新ワイナリーで次のステージへ

キスラー・ヴィンヤードは、最初のワイナリーで14年間を過ごした後、1992年の収穫に間に合うように、サンタローザの西数マイルにあるセバストポルのヴァインヒルロードに20エーカーのブドウ園用地を購入し、新しいワイナリーを建設しました。

この新ワイナリーは超近代的な設備を備えており、特に観光客向けではなく、彼らのワイン造りの為に設計された施設でした。

特筆すべき特徴は、熟成に使用される地下にある7つの大きな砂利床のバレルルームです。

ルームは個別に温度制御され、断熱されています。大きな樽熟成スペースにより、キスラーは瓶詰めの準備が完全に整うまで、ワインをそのままにしておく事が出来ます。これは、白ワインを造るブルゴーニュのトッププロデューサーによく見られる手法です。
熟成に使用される7つの大きな地下の砂利床のバレルルーム

9種類のシャルドネと4種類のピノノワール

Chardonnayシャルドネ

キスラーではエステートのブドウ畑に加えて、常にロシアン・リバー・ヴァレー、ソノマ・コースト、ソノマ・マウンテン、カーネロスの厳選したブドウ畑から果物を購入しています。

Sonoma Coast AVAソノマ・コースト

Dutton Ranchダットン・ランチ
1979年から続くこの畑は、太平洋から約16 kmのソノマ郡中央部に位置し、ソノマ郡とナパ郡で最も涼しいブドウ栽培地の1つです。

かつてリンゴ栽培地域だったこの場所は、かのWarren Duttonウォーレン・ダットンが所有する畑のうちキスラーが指定した区画になります。

Vine Hill Vineyardヴァイン・ヒル・ヴィンヤード
1800年代後半にブドウ園が存在し、禁酒法の時期に廃止されリンゴ園になっていたこの土地に可能性を見出したのが1988年。1991年に開かれたこの畑はキスラー・ワイナリーを囲むように点在します。テロワールから来る独特の強い酸が特徴。

この冷涼で独特な土地をスティーブ・キスラーとマーク・ビクスラーは「非常に凝縮され、複雑なシャルドネが出来る最高の場所」であると言っています。

Trenton Roadhouseトレントン・ロードハウス
2009年から始まったこの畑は豊かな緑に囲まれ、キスラーの畑の中でも最も細かい粒の砂で、小石が多い土壌からは、複雑性とミネラル感の強いワインが造られます。

Sonoma Mountain AVAソノマ・マウンテン

McCrea Vineyardマックレア・ヴィンヤード
1988年から始まったこの畑は、ソノマ火山の東側に位置し、標高1,000フィート、石灰岩と火山性の土壌にあり、シャブリのようなシャープさが特徴。仏シャブリとコート・ド・ボーヌが混在したようなワインが造られます。
Kistler Vineyardキスラー・ヴィンヤード
1986年から続くこの畑は標高1,800フィートのマヤカマス山脈の西端に位置し、火山灰で乾いた土壌が特徴。

当初はシャルドネの他にカベルネ・ソーヴィニヨンも植えられていました。
※1992年が最後の生産。

Kistler Vineyard Cuvee Cathleenキュヴェ・キャスリーン
キスラー・ヴィンヤーズの中の特別なブロックから収穫されたブドウを使用し、最も複雑で完璧と呼べるワインが造られます。

1989年からスタート。名前の由来はスティーブ・キスラーの妻の名前です。
また、Kistler Chardonnay Cuvee Cathleen 2003はロバート・パーカーの評価基準パーカーポイントで、100点満点を獲得しております。

Los Carneros AVAロス・カーネロス

Hyde Vineyardsハイド・ヴィンヤード
1994年にスタートしたこの畑は、Larry Hydeが設立したHyde Vineyardsの畑のうちキスラーが指定した区画になります。

カーネロスの中心部に位置し、海洋性砂質ロームの土壌からミネラル豊富なエレガントなワインが造られます。

Hudson Vineyardsハドソン・ヴィンヤード
1994年にスタートしたこの畑は、Lee Hudsonが設立したHudson Ranchの畑のうちキスラーが指定した区画になります。

ナパ郡の南西部に位置し、火山性土壌と海洋堆積物の土壌が混合した珍しい土地で、ヨードと牡蠣殻から強いミネラル感のあるワインが造られます。

Durell Vineyardsデュレル・ヴィンヤード
カーネロス、ソノマ・コースト、ソノマ・バレーが出会う場所にあるこの畑は、約10マイル離れたサンパブロ湾からの冷却風と霧がブドウ畑を涼しく保ち、ブドウがゆっくりと熟成する事が出来る為、風味豊かなシャルドネが造られます。

1979年にEd Durellが購入した畑で、現在はBill Priceが所有しています。1986年にキスラーが最初に買い付けを始めました。

Stone Flatストーン・フラット
2002年にスタートした比較的新しいこの畑はカーネロス西部の川の谷にあり、重い石が多いエリアで、午後には太平洋からの風が気候を和らげます。

Durell Vineyardから道1本隔てたすぐ隣の区画で、爽やかなDurell Vineyardの印象とは対照的に華やかな香りを伴うワインが造られます。

Pinot Noirピノノワール

2000年代後半には、シルバーベルト(キュヴェナタリー)、オクシデンタルステーション(キュヴェキャサリン)、ボデガヘッドランズ(キュヴェ・エリザベス)を含む3つの沿岸ブドウ園から小規模生産シングルピノノワールが登場しました。

Laguna Ridgeラグーナ・リッジ
この山頂にある畑は一方に海岸を、他方にロシアン・リバー・ヴァレーを臨む立地で、砂岩、粒状堆積物のある土壌となっています。

2014年ヴィンテージまではKistler Vineyardとしてリリースされていましたが、同一名で全く別の場所にあるシャルドネ畑Kistler Vineyard Chardonnayと混同してしまう為、2015年ヴィンテージからはLaguna Ridgeに改名されました。

Silver Belt Vineyardシルバー・ベルト・ヴィンヤード
2006年以来、シングル・ヴィンヤード・シリーズKistler Cuvee Natalie Silver Belt Vineyardの供給源となっている畑で、砂利と混ざった古い酸化鉄の土壌からは濃縮し、酸が乗った長期熟成型のワインが造られます。

Natalieはビル・プライス(2008年からKistler Vineyardsのオーナー)の娘にちなんで付けられた名前。

Occidental Station Vineyardオクシデンタル・ステーション・ヴィンヤード
1998年に植えられた畑で、鉄分豊富な赤い砂岩や小石の土壌です。最も内陸に位置し、温暖な土地である為最初に収穫されます。

2005年以来、シングル・ヴィンヤード・シリーズKistler Vineyards Pinot Noir Cuvee Catherine Occidental Station Vineyardの供給源でしたが、2011年ヴィンテージでキスラーの新ブランドOccidentalが登場した際にKistler VineyardsからOccidental Winesへ移行しました。
Catherineはキスラーの2人の娘のうちの1人の名前。

Bodega Headlands Vineyardボデガ・ヘッドランズ・ヴィンヤード
キスラーが関与する畑の中でも、最も西側に位置するこの畑はボデガ岬の頂上に存在します。

2004年以来、シングル・ヴィンヤード・シリーズKistler Vineyards Pinot Noir Cuvee Elizabeth Bodega Headlandsの供給源でしたが、2011年ヴィンテージでキスラーの新ブランドOccidentalが登場した際にKistler VineyardsからOccidental Winesへ移行しました。Elizabethはキスラーの2人の娘のうちの1人の名前。
※キュヴェ・エリザベスは1998年から2003年までオクシデンタル・ヴィンヤードで生産されていましたが、このブドウ園をイヴニング・ランドに売却し、2004年よりボデガ・ヘッドランズ・ヴィンヤードの単一ブドウ園で生産されるようになりました。

また、Kistler Pinot Noir Occidental Vineyard Cuvee Elizabeth 1999は、ロバート・パーカーの評価基準パーカーポイントで100点満点を獲得しております。

ピノノワールへの挑戦

1980年代にカベルネ・ソーヴィニヨンを追求するも、ピノノワールが彼の心の欲望である事に気づき、ロキオリやウィリアムズ・セリエムなどのピノノワールの先駆者とほぼ同時にピノノワールの世界へ足を踏み込みます。※カベルネ・ソーヴィニヨンは1992年の生産が最後となりました。

ピノノワールについては、ソノマ郡西部とボデガ湾東部の沿岸地域に焦点を絞りました。ソノマ郡キャンプ・ミーティング・リッジでブドウを栽培しているフラワーズ夫妻、そして海岸から2番目の尾根にあるフォート・ロス・シー・ビューエリアで、ブドウ栽培をしているデイヴィッド・ハーシュに会いました。

フラワーズ・キャンプミーティング・リッジ・ピノハーシュ・ヴィンヤーズ

そして、1993年から2004年までこの2つの畑からピノノワールを造り、キスラーのラベルの下でそれらを瓶詰めしました。

1995年にはTaylor LaneテイラーレーンのSumma Vineyardスーマヴィンヤードの向かい側にある4エーカーの土地にピノノワールを植え、Occidental Vineyardオクシデンタル・ヴィンヤードと名付けました。

こうしてキスラー・ヴィンヤーズは1998年までに3つ(キャンプ・ミーティング・リッジ、ハーシュ、オクシデンタル)のピノノワールをリリースする事に成功しました。

更に1999年にBodega Headlandsボデガ・ヘッドランズ、2008年にボデガ・リッジBodega Ridgeに土地を購入し、ピノノワールのラインナップを拡張します。

衝撃!キスラー・ヴィンヤーズを売却

スティーブ・キスラーとジェイソン・ケスナー

スティーブ・キスラーとジェイソン・ケスナー
参照元:nytimes.com

2008年、スティーブ・キスラーは同社の株式をDurell Vineyardデュレル・ヴィンヤードの所有者であるBill Priceビル・プライスに売却しました。同時に2000年から2008年までハドソン・ヴィンヤードを管理していたJason Kesnerジェイソン・ケスナーを、アシスタントワインメーカーとして迎えました。これには2つの理由があったと考えられています。1つ目は、これまで、Kistler Vineyardsでは外部の技術的サポート無しでやって来ました。しかしながら、全てを次のレベルに引き上げるには、このままではいけないと考えたのです。

2つ目は、後継者問題です。少なくとも2008年の時点では、キスラーの2人の娘(エリザベスとキャサリン)はどちらもワインビジネスに関与していません。

キスラーは売却する代わりに、42歳のケスナーを雇い、自分の仕事を受け継ぐ見習いとして見ていたと言います。キスラー・ヴィンヤーズ自体は引き続き創業者のキスラーとビクスラーが監督し、管理もワイン造りにも変更はありません。

新ブランドOccidental Winesオクシデンタル・ワインズ

スティーブ・キスラーはキスラー・ヴィンヤーズ設立前に修業していたRidge Vineyardsリッジ・ヴィンヤーズが、海岸沿いという立地から素晴らしいワインを造っていた事に影響を受けました。その後、2011年にフリーストーン・オクシデンタルエリアのボデガの町のすぐ東の太平洋が見下ろせる場所で、新ブランドOccidental Winesオクシデンタル・ワインズを立ち上げます。

ソノマ・コーストでピノノワールが栽培できる場所の中では最西端というこの土地は、太平洋に近い事で、日中の最高気温は涼しく、夜間の最低気温は内陸数マイルよりも温暖である為、果実は昼間だけでなく夜もゆっくりと熟し、最高品質のワイン造りが可能となります。

そして、キスラー・ヴィンヤーズで2人の娘の名前が付けられた特別シングルヴィンヤードKistler Vineyards Pinot Noir Cuvee Catherine Occidental Station VineyardとKistler Vineyards Pinot Noir Cuvee Elizabeth Bodega Headlandsをオクシデンタル・ワインズへ移行し、世界クラスのピノノワール造りへの挑戦をスタートさせました。

新ブランドOccidental Winesオクシデンタル・ワインズ

参照元:occidentalwines.com , skurnik.com , jsfashionista.com

Trenton Roadhouseトレントン・ロードハウスにオープンした最初の試飲施設

2014年、キスラーは、ソノマ中央部にある約60エーカーの敷地(トレントン・ロードハウス)に最初の2階建て木造試飲施設を開設しました。

ここはもともと1920年に建てられた農家と納屋があった土地で、これらの建物を改装して造られました。
周囲のブドウ畑を一望できるこの施設は、1階のテイスティングルームで8人まで収容可能。明るく風通しの良い2階のテイスティングルームでは、最大22人までの大規模なパーティーが開催可能となっております。

ゲストは大きな石で舗装された中庭や、花で覆われたパーゴラの下、ブドウで覆われた丘の間でリラックスできます。

30年の歴史を持つキスラー史上初の素晴らしいプライベートワインテイスティング施設は、ソノマ・ナパで最高のテイスティング体験を実現する場所と称賛されるようになりました。
ソノマ中央部の約60エーカーの敷地(トレントン・ロードハウス)

参照元:j-m-a.com , archello.com

小川汚染で579,700ドルの支払いを余儀なくされたスティーブ・キスラー

スティーブ・キスラーが新たに立ち上げたボデガハイウェイの所有する敷地の貯水池から出る堆積物が、産卵魚を支えるバレーフォードクリークに放出されてしまった事で水法違反に抵触してしまった。

2013年4月従業員が部分的に建設された池から2番目の小さな池に水を汲み上げる際に溢れ出し、推定739,910ガロンの濁った水をサーモンクリークの支流に流出させてしまったとの事。

濁水はサーモンクリークからボデガ湾の北の海に流れ込む事になります。
2016年スティーブ・キスラーは和解契約により、州水資源管理委員会の浄化及び除害に322,498ドルを支払う事になりました。また、257,202ドルをサーモンクリーク流域を含むゴールドリッジ資源保護地区の2つの環境プロジェクト資金として支払う事になりました。実は2000年にも環境堆積物による損害で罰金に直面しています。

川岸の樹木を切り倒し、セバストポル北部のサンタローザ湖に流れ込む小さな入り江に沈泥の塊を送り込んでしまった事で、10,000ドルの罰金を科された過去がありました。
実は、ワイナリー運営において建設時に環境破壊に抵触してしまう例は少なくありません。2015年にはRhys Vineyardsのケビン・ハーベイも同様の問題に直面しています。

スティーブ・キスラーがCEO兼ワインメイキングディレクターを辞任

Elizabeth,Steve,Catherine Kistler

エリザベスとスティーブとキャサリン
参照元:chamberswines.com

キスラー・ヴィンヤーズのスティーブ・キスラーは、2017年12月にCEO兼ワインメイキングディレクターを辞任しました。この年の秋(2017年11月)に、創業パートナーであるマーク・ビクスラーが亡くなった事も影響していたかもしれません。

「長年、私の娘のキャサリンとエリザベスがいつかオクシデンタルに加わり、ブドウ畑とワイナリーで一緒に働く事を望んでいました。この日がようやくやってきたので、私はキスラー・ヴィンヤードでの私の責任を長年一緒に仕事をしてきた人々に引き継ぐ事が出来てうれしく思います」とスティーブは語っています。

スティーブはOccidental Winesオクシデンタル・ワインズのブランドでワイン造りに集中し、2人の娘と一緒に最高品質のピノノワールに専念します。

スティーブが居なくなったキスラー・ヴィンヤーズは、ジェイソン・ケスナーが、全ての生産、農業、及び日々のビジネスを監督しています。

スティーブ・キスラーの現在

現在、スティーブ・キスラーは新ブランドOccidentalのワインメーカーとしてワイナリーの中心に居ますが、スティーブ引退後は長女のキャサリンがワインメーカーとして指揮を執る予定のようです。次女のエリザベスもオクシデンタルの事業に参画しています。

スティーブ・キスラーの哲学は、テロワールの微妙な違いを表現する事を目的とし、その為に細部へ細心の注意を払う事が重要であると考えられます。

古くから受け継がれた伝統あるフランスの技術をカリフォルニアという新世界で展開する事で、唯一無二のカリフォルニア産高品質エレガント系ワインを送りだす事に重点を置き、2人の娘にそのミッションを託したのだと考えます。近い将来スティーブが築き上げてきた全てを引き継ぐ為に、キャサリンは日々修業を重ねています。2代目キスラー継承の日は近いかもしれません。

スティーブ・キスラーとキャサリン・キスラー

スティーブ・キスラーとキャサリン・キスラー
参照元:jsfashionista.com

テイスティング・レポート

5種類のシャルドネ 2014年ヴィンテージ平行飲み比べ
2019年12月27日

5種類のシャルドネ 2014年ヴィンテージ平行飲み比べ

Stone Flat

白い花や洋ナシの香りがあり、非常に華やかな。
マンゴーやパイナップルなどのトロピカルフルーツの香りも取れる。後味にやさしい酸が微かに残る。

Hudson Vineyard

柑橘類、青リンゴの中にスパイスの香りが感じられるのが特徴的。酸味と苦味が程よく感じられる。

Hyde Vineyard

香りはさほど華やかではないが、微かに白い花のニュアンスが感じられる。
果実味がシッカリしていて、恐らく土壌由来であろう苦味が少し残る。

Vine Hill

他の畑とは異なり香りの時点でハッキリとしたミネラルが感じられる。
味わいは上品な酸が後味で細く長く続く。キスラーの中でも最も酸が残るエレガントなタイプで当編集部では最高評価!

McCrea Vineyard

白い花の香りが強く非常に華やかな印象を受けるが、後味の酸はシッカリ感じられ見事なバランス。

Durell Vineyard 2013 vs Trenton Roadhouse 2012
2019年12月29日

Durell Vineyard 2013 vs Trenton Roadhouse 2012

Durell Vineyard Chardonnay Sonoma Coast

白桃、アプリコットの香りが取れるが他の畑に比べるとやや控えめな印象。
ソフトな甘みで後味の酸が長く続き、エレガントというよりは爽やかな印象を受ける。

Trenton Roadhouse Chardonnay Sonoma Coast

ヘーゼルナッツ、パイナップルの甘くフレッシュで力強い香り。
第2アロマで蜂蜜のニュアンスがシッカリ感じられる。甘みはまろやかで、線は細いが長く続く酸が印象的。

Dutton Ranch 2013
2020年1月2日

Dutton Ranch Russian River Valley

Dutton Ranch 2013
香りはヴァニラのニュアンスが強く、ヘーゼルナッツ感も多少あり、豊かな甘みを想像させるが、味わうと甘みはソフトで爽やかな酸が長く続く絶妙のバランス。

2種類のKistler Vineyard Chardonnay飲み比べ
2020年1月6日

2種類のKistler Vineyard Chardonnay飲み比べ

Kistler Vineyard Chardonnay Sonoma Valley 2015

香りは非常に控えめでレモンのような柑橘系の印象を受ける。時間の経過と共に若干白い花の香りが取れる。
味わいは甘みがソフトで酸味がシッカリ感じられミネラリー。塩味が感じられるのが最大の特徴。

Kistler Vineyards Cuvee Cathleen Chardonnay 2013

香りは非常に控えめでグレープフルーツのような柑橘系の印象を受ける。
第2アロマでは貝殻、石灰のニュアンスも取れ、終始ミネラルな印象を受けるのが特徴的。味わいは甘みがソフトだが酸味は力強く長い。

Kistler Pinot Noir Cuvee Catherine 2004 vs Cuvee Elizabeth 2004
2020年1月10日

Kistler Pinot Noir Cuvee Catherine 2004 vs Cuvee Elizabeth 2004
キュヴェ・エリザベスはスモーキーで埃っぽい土の香りの中になめし革のニュアンスが取れる。オレンジの皮、バラの花びらの香りも取れる。味わいはアタックが強く、凝縮感があり、ややタンニンが感じられる。色合いはピノノワールにしては非常に濃い。

キュヴェ・キャサリンはイエローピーチ、プラム、熟したフランボワーズのような豊かな果実の風味が特徴的。味わいは果実味豊かで酸味は滑らか。色合いはエリザベスに比べて明るい。当編集部ではズバ抜けて高評価でした。

入手不可能!キスラー・ピノノワールのバックヴィンテージ Kistler McCrea Vineyard Pinot Noir 1992 vs Dutton Ranch Pinot Noir1986
2020年1月12日

Kistler McCrea Vineyard Pinot Noir 1992 vs Dutton Ranch Pinot Noir1986
キスラー・マックレア・ヴィンヤードとダットンランチ・ヴィンヤードはシャルドネで有名な畑だが、以前はピノノワールも造っていました。当編集部では現在、生産されていない希少な2つのピノノワールのバックヴィンテージを入手しましたのでレポートします!

マックレア・ヴィンヤードは香りの熟した赤い果実、干しプラムの印象が強く、枯れ葉やタバコの香りも若干取れる。
味わいは甘みがソフトで、滑らかな酸味がハッキリ取れる。果実味豊かでまだ数年は熟柿に耐え得ると予想されます。非常に素晴らしい熟成でした!

ダットン・ランチは香りの熟成が進んでいる事から干しプラムの印象が強く、腐葉土のニュアンスも取れる。
味わいはソフトな甘みと爽やかな酸のバランスが見事!だが、熟成による黒糖のようなニュアンスがシッカリ現れており、飲み頃が過ぎている印象を受ける。

超希少なKistler Vineyards Cabernet Sauvignon 1990
2020年1月12日

Kistler Vineyards Cabernet Sauvignon 1990
キスラーではKistler Vineyardで1992年までカベルネ・ソーヴィニヨンも造られていました。

当編集部で、この希少なバックヴィンテージ1990を入手した為レポートします!香りはタバコや湿った葉、林床のニュアンスが非常に強く、甘みはドライで酸味が比較的シッカリ残っており、カベルネ・ソーヴィニヨン特有のタンニンはさほど強くないのが印象的でした。

キスラー ヴィンヤーズ キュヴェ キャスリーン シャルドネ 2007の購入はこちら
キスラー・ヴィンヤーズ キュヴェ・キャサリン ピノノワール 2002の購入はこちら
キスラー・ヴィンヤーズ キュヴェ・エリザベス ピノノワール 2013の購入はこちら
キスラー・ヴィンヤーズ ヴァイン ヒル ヴィンヤード 2015の購入はこちら
カリフォルニアワインについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です