Schramsberg(シュラムスバーグ)

シュラムスバーグ(schramsberg)

伝統的なシャンパーニュ方式を用いて造るスパークリングワインは米国の大統領行事では必ずと言っていいほど採用される程の高い品質を誇り、カリフォルニアの高級スパークリングワインの地位を築き上げたSchramsbergシュラムスバーグの歴史と功績をご紹介します。

シュラムスバーグについて

Jacob Schram

Jacob Schram
参照元:en.wikipedia.org

1850年代後半にナパ市で理髪店を開業したドイツからの移民であるJacob Schramジェイコブ・シュラムは、1862年にナパバレーはCalistogaの山の中腹にシュラムスバーグを設立しました。

当初は50エーカーの畑から8400ケースのジンファンデル、ソーヴィニヨン・ヴェール、リースリング等を生産しており、現在のスパークリングワイン中心の生産スタイルではありませんでした。

1891年にはサンフランシスコのパレスホテルで米ベンジャミン・ハリソン大統領にシュラムスバーグのリースリングが提供されました。

1905年にJacob Schramジェイコブ・シュラムが亡くなると、息子のHerman Adolph Schramが財産を引き継ぎますが、ワイナリーは売却されてしまいます。

そして1912年にはワイナリーの稼働が完全に停止し、その後所有者が何度か変わるも、長くは続きませんでした。

1940年代にはCalifornia Champagne Companyによって買収され、1951年にはMt.Diamond Cellarsという名前でスティルワインとスパークリングワインをシュラムスバーグのラベルで販売しました。

Jamie and Jack Davies

Jamie and Jack Davies
参照元:schramsberg.com

1965年になるとJack and Jamie Davies夫妻がシュラムスバーグの所有者になります。

Jack Daviesジャック・デイビスはハーバード大学を卒業した後、オフィス家具の製造からDucommun Incの副社長まで様々な仕事をしてきました。

ある時、Martin Ray Wineryの創業者Martin Rayと出会い、ナパとソノマの間にはスパークリングワインに焦点を当てたワイナリーが僅かしか存在しない事を知りました。

Jack Daviesジャック・デイビスは禁酒法の時代に閉鎖されていたJacob Schramジェイコブ・シュラムの古い敷地とワイナリーを復元し、最新のワイナリーへと修復しました。

そして、アメリカで最も影響力のあるワイン生産者Andre Tchelistcheffの息子Dimitri Tchelistcheffを最初のコンサルティングワイン生産者として迎え入れました。

ixon and Zhou's 'Toast to Peace'

Nixon and Zhou’s ‘Toast to Peace’
参照元:napavalleyregister.com

Jack and Jamie Davies夫妻によって再始動したシュラムスバーグは順調に名声を得ていきました。

1972年にリチャード・ニクソン大統領が中国の周恩来首相と行った「平和に乾杯」の席でSchramsberg Blanc de Blancs 1969が採用されました。

以来、全ての大統領行事でシュラムスバーグのスパークリングワインが採用される事になります。

Jack and Jamie Davies夫妻が指揮を執るシュラムスバーグの経営

1985年になるとJack and Jamie Davies夫妻はシュラムスバーグと隣接するMcEachran Wineryを取得し、勢いを増します。

そして、同年にホワイトハウスで開かれた晩餐会でSchramsberg Cuvee de Pinotがチャールズ皇太子とダイアナ妃に提供されました。

Davies Vineyards

Davies Vineyards
参照元:shop.schramsberg.com

1994年になると歴史あるダイヤモンド・マウンテンの敷地がボルドー品種に適している事が判明し、カベルネ・ソーヴィニョンを中心としたボルドー品種へ植え替えました。
※2001年に別ブランドDavies Vineyardsとしてカベルネ・ソーヴィニョンをリリースします。
Hugh Davies

Hugh Davies
参照元:schramsberg.com

1996年にはJack and Jamie Davies夫妻の息子Hugh Daviesがシュラムスバーグに参画します。

Hugh Daviesはカリフォルニア大学デービス校で醸造学の修士号を取得し、メイン州のボウドイン・カレッジで学士号を取得後、フランス・エペルネーのMoet et Chandon、南オーストラリアのPetaluma Winery、カリフォルニア・ナパバレーのMumm Napaで経験を積みました。

翌年1997年にアシスタントワインメーカーになり、1999年にはシュラムスバーグのワインメーカーに就任します。

1998年シュラムスバーグ創業者Jack Daviesが亡くなりました。享年75歳。これにより妻Jamie Daviesはシュラムスバーグの会長に就任し、息子のBill Daviesが取締役として参画します。
2001年にはワインメーカーであった息子のHugh DaviesがGeneral Managerに就任します。

2003年にはSydney International Wine CompetitionでシュラムスバーグJ.Schram 1996が、アメリカ史上初のBest Overall WineとBest Sparkling Wineの2冠を受賞し歴史を塗り替えます。

2005年になるとシュラムスバーグ設立40周年を記念して全国でスペシャルディナーを開催します。そして、この記念すべき年にHugh DaviesはシュラムスバーグのCEOに就任します。
※Jamie Daviesは会長のままです。

2008年に創業者Jamie Daviesがパーキンソン病を患い73歳で亡くなります。Jamie Daviesは夫Jack Daviesと共にカリフォルニアで高級スパークリングワインの生産を開拓し、カリフォルニアワイン業界に多大な影響を及ぼしました。敷地の下の方にある畑の一画は「JackとJamieの畑」として奉納されています。

受け継がれていくシュラムスバーグの伝統 ~Davies Familyの時代へ

JackとJamie亡き後、息子Hugh DaviesがCEOを務めるシュラムスバーグの時代に入ると、数々の大きな進展を遂げます。

2008年には、2006年夏からシュラムスバーグのワイン醸造チームにアシスタントワインメーカーとして参画していたSean Thompsonがスティルワインプログラムのヘッドワインメーカーのポジションに昇進しました。

Sean Thompsonはカリフォルニア大学デービス校で化学の理学士号を取得し、Beringer VineyardsやRutherford Hill Wineryで経験を積んだ後、再びカリフォルニア大学デービス校へ戻りブドウ栽培とワイン学の修士号を取得した経歴を持ちます。

また、同年2008年に敷地内に新しいシュラムスバーグ・ビジターセンターを完成させます。敷地の入り口に池があり、池ではカエルがグラスを手にしてワインの透明度を確認しながら光を浴びている彫刻があります。

これは有名な彫刻家Larry Shankの作品で「Riddler’s Night Out」と名付けられました。また、1870年代初頭に中国人労働者によって手作業で掘られた洞窟があります。

このワイン貯蔵用の洞窟は1980年代に拡張されました。現在、約34,000平方フィートまで拡張されナパバレーで最大の洞窟の1つとなっています。

ワイナリーの敷地には、創設者のJacob Schramが1889年に建てたビクトリア様式の美しい家、シュラムハウスもあります。ウッドパネルのテイスティングルームではシュラムスバーグの敷地内をツアーした後、4種類のスパークリングワインをテイスティングできます。

Schramsberg frog pond,caves1,caves2,Historic Schramsberg House,Schramsberg tasting room

上:Schramsberg frog pond 中左:caves1 中右:caves2 
下左:Historic Schramsberg House 下右:Schramsberg tasting room

参照元:schramsberg.com , bachtobacchus.blogspot.com

翌年2009年には環境保全に配慮したワイナリー運営の認定プログラムであるNapa Green Winery programとThe Napa Green Certified Land programの両方をクリアしています。

更に翌年2010年には1,655枚のパネルで構成される太陽光発電装置をワイナリーに設置しました。そして、2012年には先代Jacob Schramが初めてこの地でワインを造り始めてから150年を迎えます。

近年のシュラムスバーグ

Sean Thompson

Sean Thompson
参照元:schramsberg.com

2015年になるとSean ThompsonがSchramsbergシュラムスバーグ及び別ブランドとして設立したDavies Vineyardsの両方のシニアワインメーカーに昇進し、全てのワインの製造を監督するようになります。

Sean Thompsonは2006年からSchramsbergシュラムスバーグのワイン醸造チームに参画しており、アシスタントワインメーカー、スティルワインプログラムのヘッドワインメーカーを経てシニアワインメーカーのポジションにつきました。

Grayson Building

Grayson Building
参照元:napavalleyregister.com

2017年4月には3年前から着工していたDavies VineyardsのテイスティングルームGrayson Buildingが完成します。

場所はDavies Vineyards(St.Helena)の隣に位置し、Mayacamas山脈とVaca山脈の両方で採掘した石で造られた2階建ての建物です。このGrayson Buildingの完成によりSchramsbergシュラムスバーグとDavies Vineyardsデイビス・ヴィンヤーズの両方がテイスティングできるようになります。

現在、Jack and Jamie Davies夫妻の末っ子であるHugh DaviesがSchramsbergシュラムスバーグの伝統を受け継ぎ、新ブランドDavies Vineyardsを監督し、世界クラスのスパークリングワインを造り続けています。

Hugh Davies

Hugh Davies
参照元:twitter.com

テイスティング・レポート

Schramsberg J.Schram 2010 vs Schramsberg Reserve North Coast 2010
2020年7月2日

Schramsberg J.Schram 2010 vs Schramsberg Reserve North Coast 2010

Schramsberg Reserve North Coast 2010

リリース前に6年間熟成されるSchramsberg Reserve 2010は焼きリンゴのニュアンスがあり、リッチでクリーミー。酸味はシッカリと残る。

Schramsberg J.Schram 2010

リリース前に5年間熟成されるSchramsberg J.Schram 2010はトーストしたナッツとブリオッシュのニュアンスがありSchramsberg Reserve 2010と比べると複雑性がある。酸味はシッカリと残る。

当編集部ではSchramsberg J.Schram 2010が圧倒的に高評価でした。

シュラムスバーグの購入はこちら

カリフォルニアワインについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です