Simi Winery(シミ・ワイナリー)

1876年にイタリア・トスカーナから移住してきた兄弟GiuseppeとPietroによって設立されたソノマに現存する最古のワイナリーSimi Wineryシミ・ワイナリーの歴史と功績をご紹介します。貴重なバックヴィンテージのワインテイスティングレポートもあわせてお届けします。

スターリング・ヴィンヤーズについて

Giuseppe Simi , Isabelle

左:Giuseppe Simi 右:Isabelle
参照元:simiwinery.com , winemag.com

1846年にイタリア・トスカーナ出身のGiuseppe Simiは故郷を離れカリフォルニアへ向かいました。1876年になるとGiuseppe Simiと兄弟のPietroはサンフランシスコでSimiシミの名でワインを造り始めます。

1881年になるとソノマ郡の北部に位置する小さな町ヒールズバーグに生産施設を移し、1890年から新天地で本格的にワイン造りを始めます。

不幸にも1904年に兄弟は亡くなり、シミ・ワイナリーの経営はGiuseppe Simiの娘Isabelle(当時18歳)に引き継がれました。

1920年から1933年に実施された禁酒法時代に入ると酒類の販売が出来なかった為、シミ・ワイナリーでは経営を諦めずワインの生産のみをひたすら続けました。そして1933年12月5日に禁酒法時代が明けるとこれまでに生産してきたワインが熟成された状態で販売出来るようになっており、シミ・ワイナリーの経営は辛うじて息を吹き返しました。

転機を迎えるシミ・ワイナリー

LVMH
参照元:travelmarketsinsider.net

夫と娘に先立たれたIsabelleは1970年になると自分一人ではワイナリーの運営が出来ないと考えAlexander Valleyのブドウ栽培者であるRussell Greenへシミ・ワイナリーを売却します。

新しい所有者の下ではマーケティングを強化してきましたが思った程経営は上手くいかず、1981年にフランス・パリを拠点とする大企業LVMHにシミ・ワイナリーを売却します。

資金力のあるLVMHは1984年になるとAlexander Valley南部にあるLandslide Vineyardを購入し、カベルネ・ソーヴィニョンの強化を図ります。更に1989年にはRussian River Valleyの100エーカーの土地を購入しGoldfields Vineyardとしてシャルドネの開発に着手します。こうしてLVMH傘下となったシミ・ワイナリーは急速に畑を拡大し、ワイナリーを近代化させ飛躍的に発展していきました。

勢いが止まらないシミ・ワイナリー

Nick Goldschmidt

Nick Goldschmidt
参照元:simiwinery.com

1990年になると新天地ヒールズバーグでの100周年を記念して古い石造りのワイナリーを改装し、新たなホスピタリティーセンターをオープンしました。翌年、1991年にはワインメーカーとして若きニュージーランド人のNick Goldschmidtを迎え入れます。

Nick GoldschmidtはニュージーランドのAucklandで生まれ育ち、カンタベリー大学を卒業後、1982年にリンカーン大学で研究職に就き南島のブドウ畑で少量のワインを造り始めました。

この時に著名なブドウ栽培家のDavid Jacksonとドイツ人ワインメーカーのDanny Schusterに師事し、腕を磨きます。その後、数多くのワイナリーで経験を積むとカリフォルニアに移住し、1991年に晴れてシミ・ワイナリーのワインメーカーに昇進しました。1996年には副社長にまで昇り詰めます。

Nick Goldschmidtはシャルドネ、カベルネ・ソーヴィニョン、ソーヴィニョン・ブランを造り続け、更にピノノワール、ジンファンデル、シラーズ、メルロー、プティ・シラーをラインナップに加え、シミ・ワイナリーに大きな功績を残しました。

保有・管理する畑一覧

シミ・ワイナリーではアレキサンダー・バレーとロシアン・リヴァー・バレーに特化して畑を所有しており、パワフルなカベルネ・ソーヴィニョンからエレガントなシャルドネまで幅広いラインナップを取り扱っています。以下に各畑の詳細をご紹介します。

ALEXANDER VALLEY , RUSSIAN RIVER VALLEY

左:ALEXANDER VALLEY 右:RUSSIAN RIVER VALLEY
参照元:simiwinery.com

Alexander Valley

ヒールズバーグのすぐ北には、ソノマ郡で最も優れたワイン生産地の一つであるAlexander Valleyがあります。多様な土壌と複雑な地質で知られるこの地域は、温暖な気候と特別な砂利質土壌からフランス・ボルドーの土壌と顕著な類似性を持っており、凝縮感のある長期熟成型のカベルネ・ソーヴィニョンの生産を実現します。

Landslide Vineyard(172 Acres)
セントヘレナ山の火山によって出来た5つの異なる土壌で構成されるこの畑はAlexander Valleyの中でも最も複雑なワインを造り上げます。Landslide Cabernet Sauvignon、Reserve Cabernet Sauvignon、Sonoma County Cabernet、Sonoma County Merlotの供給源となっています。
Los Amigos Vineyard(96 Acres)
30年以上にわたってカベルネ・ソーヴィニョンの栽培を行っているこの畑は砂質ローム土壌という特徴を持つ事から、もう一つの重要な品種であるメルローの栽培も行われています。
Del Rio Vineyard(44 Acres)
深く肥沃な砂質ローム土壌のこの畑はLos Amigos Vineyardと同様に低樹勢の根株と最小限の灌漑で収量を抑え、その分凝縮されたフレーバーを持つ超上質なブドウの収穫を実現します。

Russian River Valley

地質プレートが衝突した結果、川が移動し火山が噴火した事で、カリフォルニア州の中でも最も複雑でユニークな地域となったこの地域は、太平洋の冷却霧がブドウ畑を漂う事で酸味を持つエレガントで果実味の豊富なシャルドネのような品種の栽培を実現します。

Goldfields Vineyard(105 Acres)
Goldridgeと呼ばれるこの辺り特有の特殊な土壌に多様な根株を植え、選抜、選果の末、収穫される最高品質のシャルドネからは暖かみのある果実味と冷涼感のある果実味、独特のミネラル感を兼ね備えたワインを造り上げます。Reserve ChardonnayとSonoma County Chardonnayの供給源となっています。

近年のシミ・ワイナリー

Constellation Brands

Constellation Brands
参照元:just-drinks.com

1999年になるとLVMHはConstellation Brandsの一部であるCanandaigua Brandsにシミ・ワイナリーを売却します。
※Canandaigua Brandsは同時にFranciscanも買収します。

2003年にはシミ・ワイナリーの立役者であるNick Goldschmidtが退職し、後任としてSusan Luekerがワインメーカーに就任します。アーカンソー州の農家で育ったSusan Luekerはカリフォルニア大学デービス校でブドウ栽培と醸造学の学位を取得。Hacienda Winery、Dry Creek Vineyards等で経験を積んでシミ・ワイナリーに参画しました。

Melissa Stackhouse

Melissa Stackhouse
参照元:simiwinery.com

2019年にSusan Luekerが退職すると後任としてMelissa Stackhouseがワインメーカーに就任。Melissa Stackhouseは様々なワイナリーでブルゴーニュスタイルのピノノワールとシャルドネの技術を習得した人物です。

現在、シミ・ワイナリーはMelissa Stackhouseを中心にConstellation Brandsの一部であるCanandaigua Brands傘下で創業者Isabelleのワイン哲学が引き継がれています。

ワインテイスティングレポート

Simi Reserve Cabernet Sauvignon 1992
2021年3月12日

Simi Reserve Cabernet Sauvignon 1992

ブラックチェリーのような黒系果実の香りと若干のスパイシーさが感じられる。また、カカオのニュアンスも取れる。ブラックカラントの印象が非常に強い。味わいは甘みはまろやかで酸味は滑らか。タンニンはこのヴィンテージにでも収斂性がある。強いブラックカラントの印象が特徴的でした。素晴らしい!

カリフォルニアワインについて

ABOUTこの記事の監修者

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート
2011年よりカリフォルニアワインのバックヴィンテージを追求。 ナパバレー、ソノマに足を運び数多くの名門ワイナリーを訪問。 主に海外のワインオークションで希少なバックヴィンテージを調達。

監修者情報の詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です