Kongsgaard Wine(コングスガード・ワイン)

Kongsgaard Wine(コングスガード・ワイン)

カリフォルニア最高峰のノンフィルター・シャルドネの造り手「Kongsgaard(コングスガード)」が築き上げた栄光の軌跡をご紹介。2013年及び2016年ヴィンテージでパーカーポイント100点満点を獲得したKongsgaard The Jadgeの希少なバックヴィンテージテイスティングレポートもあわせてお届けします!

ジョン・コングスガードについて

1969年、高校を卒業したジョンは、1年間ヨーロッパを旅して周り、帰国後カリフォルニア大学デイヴィス校入学資格を得るために、1度ナパヴァレー大学へ入学し化学を専攻します。

晴れてカリフォルニア大学デイヴィス校入学を実現してからは、ブドウ栽培とワイン醸造学の修士号を取得し卒業。

ワイン造りを学ぶためStony Hill VineyardStag’s Leap Wine Cellars等で短期間修業しました。

coombsville

ジョンの祖父はアメリカ・ミズーリ州で知事を務め、引退後ナパのクームズヴィル(Coombsville)に保有する採石場で、サンフランシスコのトレジャーアイランドの建設に使用される岩を提供する仕事をしていました。

当時隣人であり、Beaulieu Vinyardのワインメーカーであったアンドレ・チェリストチェフ(Andre Tchelistcheff)のアドバイスで、この祖父の土地がワイン造りに適している事を知ったジョンは、1975年に開墾してジンファンデルとシャルドネを植え、ニュートン・ヴィンヤードで造られるアンフィルタード用のシャルドネを供給し始めました。

The Jadge Vinyardジョンの父は1958年に36歳で、カリフォルニア史上最年少の最高裁判所判事になり、20年以上ナパ郡上級裁判所の裁判官を務め上げた人物(2001年他界)でした。ジョンはそんな偉大なる父トーマスに敬意を表して、この土地をジャッジ(The Jadge Vinyard)と名付けました。

※ The Jadge Vinyardと命名されるまではストーンクレスト(Stonecrest)と呼ばれていました。

この土地はサン・パブロ湾からの冷涼な風と霧の影響を受ける非常に涼しい地区で、2004年にAVAとして認定されています。ジョンは1983年から1996年までの間、コングスガードとしてワインを造る傍らNewton Vineyardでワインメーカーとして従事。ニュートンでアンフィルタード・ワインをスタートさせ、今日の大人気ワインの礎を築き上げます。
※アンフィルタード・ワイン・・・人工的な清澄作業をしないで造られるワイン

ジョン・コングスガード

参照元:SFGATE

コングスガードのシャルドネは、ナパ・カーネロスの最上級畑ハドソン・ヴィンヤード及びハイド・ヴィンヤードと契約を結び、厳選したブドウから造られます。

一方、クームズヴィルの自社畑からは、更に厳しい基準で収穫されたブドウを使ってKongsgaard The Judge Chardonnayが造られます。

コングスガードでは殆どが1エーカーあたり1トン(約400ケース)という低収穫量に制限され、彼がニュートンで実施していたようにフィルターなしで瓶詰めする製法で造られています。
ジョンがニュートンで働いている間、フランスの銘醸を訪れて研究する特権がありましたが、このようなジョンのワイン製造スタイルは明らかに、その時の訪欧の影響を受けていると考えられます。

こうしてジョン・コングスガードはカリフォルニア最高峰のノンフィルター・シャルドネの造り手として、世界にその名を轟かせていく事になります。

個性的なコングスガード・ワインのラインナップ

Atlas Peakコングスガードの勢いは止まりません。
1995年ルーサンヌとヴィオニエを植え始めます。2000年になるとジョンは、ナパのブドウからハイエンドのボルドースタイルのワインを造る事に傾倒していきます。2001年にはカベルネ・ソーヴィニヨンまで植え始めました。そして、2004年に火山性土壌のアトラスピーク(Atlas Peak)に150エーカーの土地を購入。

最上部のブドウ畑は2500フィートとナパで最も標高が高いワイナリーの1つとなりました。こうしてコングスガードが扱うブドウ品種は独特な広がりを見せます。以下が現在リリースされているワインのラインナップとなります。

Chardonnay Napa Valley シャルドネ ナパ・ヴァレー
Chardonnay Napa Valley シャルドネ ナパ・ヴァレーハドソン・ヴィンヤード及びハイド・ヴィンヤードからの買いブドウで絶妙にブレンドされたシャルドネ100%の白ワイン。
Chardonnay The Judge Napa Valley シャルドネ ザ・ジャッジ ナパ・ヴァレー
Chardonnay The Judge Napa Valley シャルドネ ザ・ジャッジ ナパ・ヴァレークームズヴィルの自社畑で造られるシャルドネ100%の白ワイン。

ワインアドヴォケイト誌にてRP100点を2度獲得するKongsgaardのフラッグシップワイン。

VioRous Napa Valley ヴィオルス ナパ・ヴァレー
VioRous Napa Valley ヴィオルス ナパ・ヴァレーVIOROUSヴィオルスとは、VionierヴィオニエとRoussanneルーサンヌのブレンドで造られるKongsgaardオリジナルの白ワイン。
Albarino Napa Valley アルバリーニョ ナパ・ヴァレー
Albarino Napa Valley アルバリーニョ ナパ・ヴァレーハドソン・ヴィンヤードのAlbarino100%で造られる超希少な白ワイン。

アルバリーニョは元来、スペイン・ガリシア地方とポルトガル・ミーニョ地方が原産の海のブドウとして知られ、米国での生産量は極めて少ないです。

Cabernet Sauvignon Napa Valley カベルネ・ソーヴィニヨン ナパ・ヴァレー
Cabernet Sauvignon Napa Valley カベルネ・ソーヴィニヨン ナパ・ヴァレー2000年以降、ボルドースタイルのハイクオリティワインの生産に乗り出したコングスガード渾身の作品。

カベルネ・ソーヴィニヨン主体のメルローブレンド。

Merlot Napa Valley メルロー ナパ・ヴァレー
Merlot Napa Valley メルロー ナパ・ヴァレーコングスガードでは滅多にメルローをリリースする事はないようで、それゆえ情報も非常に限定的です。

参考までに2012年に関しては75ケースのみとの事。

また、評価は高く2012年ヴィンテージのパーカーポイントが96点。
※依然フィマサウラスへのブレンド用にメルローは使用されていますが、今後単独でリリースされるかは不明。

The Fimasaurus Napa Valley ザ・フィマサウラス ナパ・ヴァレー
The Fimasaurus Napa Valley ザ・フィマサウラス ナパ・ヴァレーカベルネ・ソーヴィニヨンとメルローをほぼ半々でブレンドして造られる赤ワイン。かのロバート・パーカーはNapa Valley version of the 2003 Château Montrose from St.-Estèphe.と表現しています。
KINGS FARM キングス・ファーム
KINGS FARM キングス・ファームKongsgaardのセカンドシリーズはこのKINGS FIRMの名前でリリースされています。

生産量は非常に少なく、かつメーリングリストの顧客にのみ販売されているため、中々お目にかかれない希少なワインです。

Kongsgaardの名前の由来ですが、Kongsgaardは元来ノルウェー語で、英語に訳すとKINGS FARMになるとの事です。エチケットに描かれている絵は中世のノルウェー王のイメージ。

コングスガードが成し遂げた数々の偉業

世界的ワイン評論家であり、ワインアドヴォケイト誌の創設者ロバート・パーカーによる評価が以下の通りです。見事な高得点の数々。2013年及び2016年に関しては100点満点を獲得しています。

Kongsgaard Chardonnay The Judge
2017年 97 – 100点
2016年 100点
2015年 98 – 100点
2014年 98点
2013年 100点
2012年 98点
2011年 95点
2010年 96点
2009年 98点
2008年 97点
2007年 98点
2006年 93点
2005年 98点
2004年 98点
2003年 99点
2002年 97点

Food&Wine Magazine

参照元:Wine Spectator

また、2004年10月には米国で出版されている業界月刊誌、Food&Wine Magazineでは「年間最優秀ワインメーカー」に選出。

2014年7月31日にはついに、米国最大手マガジンの1つWine Spectatorの表紙を飾るまでになりました。

ジョン・コングスガードの現在

ジョン・コングスガードの現在

参照元:smugmug

現在、ジョンは息子のアレックスと2004年に取得したアトラスピークの土地でワインを管理。

ジョンと息子アレックス以外は誰もワインに触れる事はないようです。

丘の中腹には岩をくりぬいたカーヴを建設し、そこではジョンの趣味であるクラシック音楽が流れているそうです。

テイスティングレポート

Kongsgaard Chardonnay NapaValley 2014 vs Kongsgaard Chardonnay The Judge Napa Valley 2004
2019年10月30日

Kongsgaard Chardonnay NapaValley 2014 vs Kongsgaard Chardonnay The Judge Napa Valley 2004厳選したハドソン・ヴィンヤード及び、ハイド・ヴィンヤードからの買いブドウで造られたKongsgaard Chardonnay NapaValley 2014は、香りはモンラッシェのように力強く優雅で、味わいはカリフォルニアとは思えない程のミネラル感と、余韻の長い酸のバランスは芸術品としか言いようがありません。

一方、パーカーポイント100点を2度も獲得しているコングスガード、自社畑のザ・ジャッジは2004年ヴィンテージという事もあり熟成からの濃縮感が印象的で、その中に上品な酸が1本通っている。

香りは蜂蜜、白い花、花梨のニュアンスがあり、華やかながらもやや複雑性も感じられる事から玄人向きと判断。

圧倒的な格の違いを見せています。いずれもアルコール度数は14.1%と高め。

前者は4~5年熟成が、後者は10年位(2010年前後)の熟成が望ましいのではないかという予想。

ザ・ジャッジですら意外と長期熟成向きではないという印象を受けました。カリフォルニア・アンフィルタード・シャルドネの頂点に君臨するこの2つのコングスガードはお見事でした!

コングスガード ザ・ジャッジの購入はこちら

コングスガード・シャルドネの購入はこちら

カリフォルニアワインについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です