カリフォルニアの転機となったパリスの審判

パリ・テイスティング(パリスの審判)

パリ・テイスティング(パリスの審判)とは

アメリカ独立200周年記念にあたる1976年、パリ発祥の歴史あるワインスクール「アカデミー・デュ・ヴァン」の英国人創設者スティーブン・スパリエ(Steven Spurrier)がワインをテーマにアメリカ独立記念を祝うイベントを計画。フランスのパリで米仏のワインを比較テイスティングするといったイベントが開催されました。

当時、世界の一強として王者に君臨していたフランスのワインを全くの無名なカリフォルニアのワイン勢が打ち破るとは誰もが想像しませんでした。この20世紀の大事件はギリシア神話の一挿話になぞらえて「パリスの審判(Judgment of Paris)」と呼ばれるようになりました。

カリフォルニアワインvsフランスワイン ブラインドテイスティング対決までの経緯

カリフォルニアワインvsフランスワイン ブラインドテイスティング対決

当時、ワイン学校を営んでいたスティーブン・スパリエの元にパリ在住の米国人女性パトリシア・ギャラガー(Patricia Gallagher)が参画しました。

パリでは英語でもワインを学べる環境が整っていたことから、米国人ワイン関係者が数多くパリを訪れ、その際カリフォルニアワインをお土産で持参してくる機会もあり、スティーヴン・スパリエはカリフォルニアに素晴らしいワインが多く存在することを知っていたのです。

そして彼らはアメリカ独立200周年記念にあわせて何かワインでアメリカを祝うイベントができないかと考えました。そして実現したのがカリフォルニア産ワインとフランス産ワインの比較テイスティングという企画でした。

フランスのワイン業界において確固たる地位を築いていたスティーブン・スパリエの人脈から、出版社、名門レストラン、協会、学校、醸造家といったフランスのワイン業界を代表する著名人9名を審査員に迎え、米仏の赤ワインと白ワイン各10本をブラインドでテイスティングし採点。
※カリフォルニアが6銘柄でフランスが4銘柄の内訳。

また、赤ワインの品種はカベルネソーヴィニヨン、白ワインはシャルドネで統一といったルールでパリのインターコンチネンタルホテルにて開催されました。

米仏ワインラインナップ

カリフォルニア 赤 カベルネソーヴィニヨン

・Freemark Abbey 1969 (フリーマーク・アビー )
・Heitz Cellars 1970 (ハイツ・セラーズ)
・Mayacama 1971 (マヤカマス)
・Ridge Monte Bello 1971 (リッジ・モンテベッロ )
・Clos Du Val 1972 (クロ・デュ・ヴァル)
・Stag’s Leap Wine Cellars 1973 (スタッグス・リープ)

カリフォルニア 白 シャルドネ

・Veedercrest 1972 (ヴィーダークレスト)
・Freemark Abbey 1972 (フリーマーク・アビー)
・David Bruce 1973 (デヴィッド・ブルース)
・Spring Mountain 1973 (スプリング・マウンテン)
・Chalone Vineyards 1973 (シャローン)
・Chateau Montelena 1973 (モンテリーナ)

フランス 赤 カベルネソーヴィニヨン

・Chateau Haut Brion 1970 (オー・ブリオン)
・Chateau Mouton Rothschild 1970 (ムートン・ロートシルト)
・Chateau Montrose 1970 (モンローズ)
・Chateau Leoville Las Cases 1971 (レオヴィル・ラス・カーズ)

フランス 白 シャルドネ

・Puligny Montrachet Les Pucelles Leflaive 1972 (ピュリニー・モンラッシェ・ルフレーヴ)
・Meurault Charmes Roulot 1973 (ムルソー・シャルム・ルーロ)
・Batard Montrache Ramonet 1973 (バタール・モンラッシェ・ラモネ)
・Beaune Clos des Mouches Joseph Drouhin 1973 (ボーヌ・クロ・デ・ムーシュ ジョセフ・ドルーアン)

誰もが信じられない結果が待っていた!

ブラインドテイスティングは白ワイン赤ワインの順番で行われました。当初は赤白両方の採点が終了してから結果を発表する予定でしたが、ホテル側の進行が思いのほか遅れていたことから、先に採点が完了している白ワインの結果を急遽発表することになりました。
結果は1位がChateau Montelena 1973 (モンテリーナ)という当時無名のカリフォルニア産シャルドネだったのです。

会場はどよめき、審査員たちはうろたえました。次の赤ワインのブラインドテイスティングでは同じことが起こらないように、それは慎重にテイスティングを行ったそうです。
そして、またもや信じられない結末が待っていました。審査員が1位に評価したのはカリフォルニアのStag’s Leap Wine Cellars 1973 (スタッグス・リープ)だったのです。以下が白赤の全順位となります。

白ワイン (カッコ内の数字は点数※180点満点)

1位.(米) Chateau Montelena 1973 (132)
2位.(仏) Meurault Charmes Roulot 1973 (126.5)
3位.(米) Chalone Vineyards 1974 (121)
4位.(米) Spring Mountain 1973 (104)
5位.(仏) Beaune Clos des Mouche Joseph Drouhin 1973 (101)
6位.(米) Freemark Abbey 1972 (100)
7位.(仏) Batard Montrachet Ramonet 1973 (94)
8位.(仏) Puligny Montrachet Les Pucelles Leflaive 1972 (89)
9位.(米) Veedercrest 1972 (88)
10位.(米) David Bruce 1973 (42)

赤ワイン

1位.(米) Stag’s Leap Wine Cellars 1973 (127.5)
2位.(仏) Chateau Mouton Rothschild 1970 (126)
3位.(仏) Chateau Haut Brion 1970 (125.5)
4位.(仏) Chateau Montrose 1970 (122)
5位.(米) Ridge Monte Bello 1971 (105.5)
6位.(仏) Chateau Leoville Las Cases 1971 (97)
7位.(米) Mayacamas 1971 (89.5)
8位.(米) Clos Du Val 1972 (87.5)
9位.(米) Heitz Cellars 1970 (84.5)
10位.(米) Freemark Abbey 1969 (78)

映画「ボトル・ドリーム カリフォルニアワインの奇跡」の表紙
この出来事は「パリスの審判(Jadgement of Paris)」と題して世界各地へ知れ渡ることになりました。これまでのフランスワイン一強という概念が打ち崩され、カリフォルニアワインが見直される大きなきっかけとなったのです。
パリスの審判で上位にランクインしたカリフォルニアワインは即座に売り切れるほど影響が大きく、ワイン産業は新たな時代に突入したと言えるでしょう。

このとき1位を獲得した赤白両方のワインが現在も「アメリカワインの誇り」として、米国のワシントンD.C.にあるスミソニアン博物館に収蔵されています。

また、あまりにも衝撃的なこの出来事は後に映画「ボトル・ドリーム カリフォルニアワインの奇跡」としてリリースされました。
※原題:BOTTLE SHOCK(2008年)

1986年「パリスの審判10周年企画」リターンマッチ開催

フランスのワイン業界関係者やマスコミから「カリフォルニアワインのエントリー本数が多かった(6割)」「フランスのワインは熟成してはじめて真価を発揮する」といったクレームがつきました。

このような異議申し立てもあり、10年後の1986年ニューヨークで「パリスの審判10周年企画」としてリターンマッチが開催されることになりました。
ルールは赤ワインのみのブラインドテイスティングとなりましたが、10年前と同一のヴィンテージでの対決という条件(※(米) Freemark Abbey 1969 (78)は不参加。)で、審査員は米国のワイン業界関係者8名で行われました。

果たして10年の熟成でフランスのワインは真価を発揮することが出来たのでしょうか。結果は以下の通りです。

1位.(米) Clos Du Val 1972
2位.(米) Ridge Monte Bello 1971
3位.(仏) Chateau Montrose 1970
4位.(仏) Chateau Leoville Las Cases 1971
5位.(仏) Chateau Mouton Rothschild 1970
6位.(米) Stag’s Leap Wine Cellars 1973
7位.(米) Heitz Cellars 1970
8位.(米) Mayacamas 1971
9位.(仏) Chateau Haut Brion 1970

またしても1位を獲得したのはカリフォルニア産のワインでした。今回は1位、2位とカリフォルニアワインです。こうして熟成することでフランスワインは真価を発揮するといったクレームは覆されたのです。

2006年「パリスの審判」から30年後の再々戦

今回は英国ロンドンと米国ナパの2拠点同時開催で、審査員は専門家各9名、1976年に開催された際に審査対象になったワインと同一ヴィンテージで、赤ワインのみの熟成による評価対決というルールで行われました。

オーガナイザーはロンドンがスパリア、ナパがギャラガーを担当しました。仏ボルドーの熟成は30年経過するとピークに差し掛かると考えられており、今回こそはフランスワインが優勢との見方が多かったようですが結果は次の通りとなりました。

1位.(米) Ridge Monte Bello 1971
2位.(米) Stag’s Leap Wine Cellars 1973
3位.(米) Heitz Cellars 1970
4位.(米) Mayacamas 1971
5位.(米) Clos Du Val 1972
6位.(仏) Chateau Mouton Rothschild 1970
7位.(仏) Chateau Montrose 1970
8位.(仏) Chateau Haut Brion 1970
9位.(仏) Chateau Leoville Las Cases 1971
10位.(米) Freemark Abbey 1969

なんと、カリフォルニアワインが1位から5位までを独占するという結果になったのです。
2拠点とも1位のリッジ・モンテベロへの評価点が圧倒的に高かったとのことでした。このような歴史的大事件を契機にフランスワイン一強型から世界各国のワインに目が向けられるようになり、ワールドワイドにワイン産業が発展していったのだと考えられます。

時代を変えたカリフォルニアワイン一覧

※画像などの使用に問題がある場合、お手数ですがお問い合わせよりご連絡ください。

カリフォルニアワインについて