Chappellet Winery

Chappellet Winery(シャペレ・ワイナリー)

標高1,800フィートのプリチャードヒルにあるChappellet Wineryシャペレ・ワイナリーは「ナパのグラン・クリュ」と称され、ボルドー品種、特にカベルネ ソーヴィニョンを栽培する世界有数のサイトとして認識されています。また、シャペレ・ワイナリーは「プリチャードヒル」という名称を正式なAVA申請システムを経る代わりに商標登録する事を選択し、ラベルにプリチャードヒルの名前を使用する独占的権利を持っています。

シャペレ・ワイナリーについて

Molly and Donn Chappellet

Molly and Donn Chappellet
参照元:forbes.com

Donnの曾祖父Felixはフランスからアメリカに移住し、金の採掘業に携わって成功を収めました。また、Donnの父Cyrilは当時倒産していたLockheed Aircraft Corporationの資産を購入し、大手航空宇宙企業に成長させ大成功を収めた人物です。

このような家庭で育ったDonn Chappelleは1954年にInterstate United Corporationを共同設立して大成功を収めました。この企業はコーヒーの粉から新鮮なコーヒーを作る自動販売機を販売する事で目覚ましい成長を遂げたフードサービス会社です。一時は約8,000人の従業員を抱えニューヨークのレストランや病院にまで進出していました。

1966年になるとビバリーヒルズ出身のDonnとMolly Chappellet夫妻は田舎暮らしを求めて会社の株式を売却しナパバレーへ移住しました。

Chappellet Winery

Chappellet Winery
参照元:fourcorners.wine

標高の高い場所でのブドウ栽培を推奨していた伝説のワインメーカー「Andre Tchelistcheffアンドレ・チェリチェフ」の助言を受け、Pritchard Hillの丘陵地の土地を購入しChappellet Wineryシャペレ・ワイナリーを設立しました。

シャペレ・ワイナリーの建物を上空から見ると3つの三角形を組み合わせたものである事がわかります。これがシャペレ・ワイナリーのロゴの由来となっています。

最初のヴィンテージは1967年で品種はシュナン・ブランでした。1年後の1968年には後にフラッグシップとなる最初のカベルネ・ソーヴィニョンを生産します。翌年1969年に生産されたカベルネ・ソーヴィニョン(400ケース)で一躍評判となりシャペレの名を世に知らしめました。

当時のワインメーカーはかの有名なPhilip Togniフィリップ・トニでした。その後、Joe Cafaro、Tony Soter、Cathy Corisonといった後にナパバレーのワイン業界で大成功を収める実力勢がシャペレのワインメーカーの職を受け継ぎました。

ナパバレーで最も環境に配慮したワイナリー

Chappellet Winery Solar System

Chappellet Winery Solar System
参照元:pinterest.jp

環境への配慮を徹底していたシャペレのワイナリーは2008年に20,000平方フィートの太陽光発電システムを建設。また、灌漑用に水を再利用できるように、独自の水再生プラントを保有しました。

更に2012年になるとシャペレのブドウ畑は有機認証を受け、名実ともにナパバレーで最も環境に配慮したワイナリーとなりました。

リリースワイン一覧

オーガニック認証を取得したブドウ畑は標高800~1,800フィートの範囲にあり、約110エーカーの鉄分を多く含んだ岩石の土壌にブドウが植えられています。現在、シャペレではカベルネ・ソーヴィニョン主体のワインをメインにリリースしていますが、カベルネフラン、メルロー、ジンファンデル(マルベック、プティシラーのブレンド)、ピノノワール、シャルドネ、ヴィオニエ、シュナン・ブランも生産しています。ここではフラッグシップであるカベルネ・ソーヴィニョン及びカベルネブレンドの詳細をご紹介します。

Pritchard Hill Cabernet Sauvignon
プリチャードヒル・エステート・ヴィンヤードで収穫された最上級のカベルネ・ソーヴィニョンと他のクラシックなボルドー品種をブレンドし限定生産で造られるワインです。100%新樽フレンチオークで22ヶ月熟成。
Hideaway Cabernet Sauvignon
標高1,425フィートにある敷地内のハイダウェイ・ヴィンヤードの岩の多い斜面で栽培されたカベルネ・ソーヴィニョンのみで造られるこのワインは、80%新樽(フレンチオーク)を使用しています。
Signature Cabernet Sauvignon
プリチャードヒル・エステート・ヴィンヤードで収穫された最上級のカベルネ・ソーヴィニョンと他のクラシックなボルドー品種をブレンドして限定生産で造られるワインです。カベルネ・ソーヴィニョン80%台を基準にブレンドされ、比較的入手しやすいライン。
Las Piedras
スペイン語で「岩」を意味する「Las Piedras」は岩の多いブロックから5つの品種 (カベルネ・ソーヴィニョン、メルロー、カベルネフラン、マルベック、プティヴェルド) の個々のロットをブレンドしたワインです。

近年のシャペレ・ワイナリー

2011年になると隣のソノマ郡にあるSonoma-Loebワイナリーを買収します。これによりChappellet Grower Collection(ピノノワール、シャルドネ、ピノノワール)のブドウの供給源を確保し、新たにポートフォリオとして追加する事を実現しました。

2016年5月22日、Donn Chappelletは長い闘病の末、亡くなりました。享年84歳。DonnとMolly Chappellet夫妻は6人の子供を育てましたが驚くべき事に6人全員がワイナリーの運営に関わっています。

現在、CyrilとCarissa Chappelletの監督の下、Jon-Mark、Dominic、Lygia、Alexa Chappelletが役員会メンバーとしてシャペレ・ワイナリーに参画し、創業者である父から受け継いだ高品質なワイン造りを実践しています。

Chappellet Family

Chappellet Family
参照元:forbes.com

ワインテイスティングレポート

Chappellet Cabernet Sauvignon 1980
2021年7月8日

Chappellet Cabernet Sauvignon 1980
Chappelletのラインアップな中でも最も汎用的なChappellet Cabernet Sauvignonは熟成が進んでいる事からブラックチェリーや干しプラムのニュアンスが感じられ、微かにバラの花びらの香りが取れる。カベルネ・ソーヴィニョン特有の杉や針葉樹のニュアンスもハッキリと取れ、ややスパイシーな印象がある。味わいは甘みはやや控えめでソフト。酸味はシッカリと感じられタンニンはこのヴィンテージでもハッキリと感じられ収斂性がある。40年以上熟成しているとは思えない程華やかで、酸味とタンニンのバランスが良い。素晴らしい!

カリフォルニアワインについて

ABOUTこの記事の監修者

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート
2011年よりカリフォルニアワインのバックヴィンテージを追求。 ナパバレー、ソノマに足を運び数多くの名門ワイナリーを訪問。 主に海外のワインオークションで希少なバックヴィンテージを調達。

監修者情報の詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です